赤ちゃんの食事練習のために大切な離乳食。おすすめの食材はやはり栄養があって、固さに変化がつけられるので噛む練習にもなって、更に調理しやすく作り方が簡単なものがよいでしょう。離乳食のレシピ本も参考にしながら定番食材をそろえておいて毎日の離乳食作りをやりやすくしましょう。

まずご飯やパンからスタート

日本人ならご飯は必ず常備しておく食材といえるでしょう。水の量を変えることでドロドロの状態から柔らかめご飯まで調整していくことができます。パンもおすすめです。赤ちゃんは味付けは基本的に大人と同じようにする必要はありません。できるだけ素材そのものの味を味わってもらいたいもの。パンも塩分やカロリーが低い食パンを用意しましょう。

 

初めはミルク粥やスープで煮込む

最初はスープやミルクで煮込んでおかゆ状態に。だんだんと固くしていき、手で持って自分で食べられるように変えていきます。エネルギー豊富なバナナもおすすめです。初期の段階もただすりつぶせばよいだけなので調理が簡単。甘くて食べやすいです。ヨーグルトも裏ごしや加熱の必要なく使えるのがよいでしょう。鳥ささみや白身魚などパサつきがちな食材に和えて食べやすくするという使い方もあります。無糖のものを使うようにしましょう。豆腐や納豆も良質なたんぱく質が取れ、使い方も簡単。便利です。

 

野菜はすりつぶして冷凍しておくと便利

ほうれん草やにんじん・ブロッコリーなどお野菜も使うようにしましょう。いずれも茹でて刻んだりすりつぶしたものを冷凍にしておくとすぐに使えて便利です。大人と同じように魚や肉もとるようにしましょう。ささみやしらす干しなどが赤ちゃん用にはおすすめです。

 

だんだんと固くしていく

初期の段階から終了期にかけて硬さを変えていく必要があります。これらの食材はどれも調整がしやすいので、それぞれの段階の赤ちゃんに合ったものを作ってあげましょう。多めに調理したものを冷凍しておいたり、そのまま使えるものを常備しておくなどしてできるだけ楽に作れるようにしておきましょう。

 

アレルギーの可能性がある食材は少量で試す

毎日の食事なのであまり凝ったものをやっていても続きません。赤ちゃんによっては大豆製品などアレルギー症状が出てくる可能性もあります。まずは少量だけあげて様子を見て、何らかの症状が現れた場合には早めに病院で診てもらうようにしましょう。ママも赤ちゃんも楽しく食事でき、いずれは大人と同じものが食べられるようにスムーズに移行していけるよう、ちょっと大変ですが離乳食作り、頑張りましょう。できるだけ薄味を心がけるようにしましょう。